ネイティブスピークの感想とテキストの中身の写真

ネイティブスピーク

公式サイトへ

このサイトを経由してネイティブスピークを購入された方には私から特典をたくさんプレゼントしています。特典の詳細ともらい方はこちら

名前ネイティブスピーク
価格12,800円(送料・税込)
保証なし (公式サイトでお試し動画が見れる)
内容テキスト1冊 24ページ
DVD2枚 全部で約2時間30分
難易度やさしい
タイプ発音の口の中の動きを動画で学ぶ
評価評価5
私からの特典あり

 

テキストの中身の写真

ここから下にもどんどんテキストの中身の写真を公開しちゃいます

ネイティブスピークのテキストの中身

写真の引用元:ネイティブスピークのテキスト

 

ネイティブスピークのおすすめのポイント

 

ネイティブスピーカーが発音している口の中の様子(動き)を動画で見て学ぶという画期的な発音の学習方法をした教材なので、英語の正しい発音がすぐにわかるようになります。

 

動画内で発音について詳しい説明があるのでわかりやすいです。

 

他の発音の教材と比べて金額が安い上に学習効果も高いので費用対効果が良いです。

 

ネイティブスピークのイマイチだったところ

 

ケイトリン先生というアメリカ人の女性一人の声で発音の勉強をしていきますが、できればもう一人、男性の発音も聞けるとなおよかったです。

 

実際の画面

 

ネイティブスピークの私の感想

 

ネイティブスピークを使った感想の前に、まずは発音の重要性からお伝えしたいです。

 

私は英会話を勉強する中で発音が本当に大切だと思っています。

 

どれだけ英語が話せても、発音ができなければかっこいいものではありません。

 

せっかく英語を勉強したのにもったいないと思ってしまいます。

 

やはり、どれだけ英語力が高くなっても、発音ができなければいつまでたっても未完成の英語というのが現実です。

 

逆に発音がしっかりとできれば、それによって得られるメリットがたくさんあります。

 

先ほどの裏返しですが、発音ができれば単純にかっこいいです。

 

そして、その発音を聞いた人からもあなたの英語力は高くされることになるはずです。

 

自分自身も正しい発音ができれば、積極的に英語を話したくなりますし、英語の勉強も楽しくなります。

 

当然ですが、正しい発音ができれば、通じずに相手に聞き返されたりということもなくなります。

 

正しい発音ができれば、その発音をいつも耳にしている自分のリスニングの力にも影響を及ぼします。

 

逆に間違った発音をいつも耳にしていてはリスニングは上達しません。

 

このような理由があるからこそ、英語の正しい発音を学ぶことは重要です。

 

しかし、発音の勉強はむずかしいというイメージを多くの人が持っていると思います。

 

中学や高校などでは発音の学習時に発音記号というものを用いました。

 

私もそうだったのですが、そのせいで発音の学習がむずかしくなってしまい、発音の勉強をしなかったという人がほとんどだと思います。

 

ですが、そんな心配もネイティブスピークでは不要です。

 

ネイティブスピークでは特殊な映像技術を使って、ネイティブスピーカーが発音している口の中の様子(動き)を見て学ぶことができます。

 

Scott Perry Toungue Position

 

そのため、それぞれの発音記号をどのように発音をすればいいのかがすぐにわかるようになります。

 

従来の学習では、発音記号を見て、その発音記号をどのように発音するのか、先生から口頭で方法を説明され、それを自分の口で再現してみるというものでした。

 

ネイティブスピークでは、ネイティブスピーカーが発音している口の中の様子(動き)を見て発音記号を学ぶことができるため、わからないということはまずありません。

 

動画のとおり、自分の口を開け、舌を動かしていけば正しい発音ができるようになります。

 

ネイティブスピーク以外にも発音を学習できる教材はありますが、その多くはネイティブスピーカーが発音しているところを正面から撮影したものを見て学ぶという方法のため、細かいところまではわかりません。

 

やはり口の中の動きがわかるネイティブスピークがもっともわかりやすいです。

 

私も自分の英語をかっこよく見せたいという思いが強かったため、発音は一生懸命勉強してきたつもりです。

 

しかし、こんな私もこうやってネイティブスピークで見てみて、「私の発音は間違っていた」「ちょっとおかしかった」というものがいくつかありました。

 

はじめからネイティブスピークのような正しい発音がわかる教材で学習をしていれば、このようなことにはならなかったはずです。

 

何より、正しい発音がすぐにわかるので勉強時間の節約につながります。

 

このような方法でネイティブスピークでは英語の発音すべてについて学習することができます。

 

(ネイティブスピークで学習できる発音は母音16音と子音24音の合計40音です。英語の発音にいくつの音があるかは人によって定義が異なるため、40音が英語の発音のすべてではないとの主張をする人もいます)

 

ネイティブスピーク

 

DVDでは口の中の様子を見るとともに音声で解説もあります。

 

解説も発音時のポイントや注意点についてかなり詳しくされているので、映像と同時に解説も聞くことでとてもわかりやすいです。

 

私も英語仲間の友達に自慢気にネイティブスピークを見せたことがありますが、みんなが「これ、わかりやすいね」と言ってくれました。

 

特に発音は自分はできても人に説明するのはカンタンではないので、英語を教える立場にある人ほどネイティブスピークのすばらしさがわかるのだと感じました。

 

リエゾンの学習

 

ここまでは英語の音に対する発音についての学習です。

 

ネイティブスピークは、会話での発音についてもうまくなるための練習が用意されています。

 

それはリエゾンの発音です。

 

リエゾンとはフランス語で、これを日本語に訳すと「連音」という意味になります。

 

リエゾンとは何かをカンタンに言えば、前の単語の最後の音と次の単語の最初の音をくっつけて発音することです。

 

「Did you 〜?」を日本人はカタカナ発音で「ディドゥ ユー」と発音したりします。

 

これを外国人のようにリエゾンで発音すると「ディジュー」というようにつなげて発音をします。

 

このリエゾンを意識して発音をするだけで、発音はかっこよくなり、また、ネイティブスピーカーのようになるものです。

 

ネイティブスピークではネイティブスピーカーがよく使うリエゾンを39個学習することができます。

 

リエゾンの発音を学習メニューに取り入れている教材を私は他に知らないので、これだけしっかりリエゾンについて学べる教材は珍しいと思いました。

 

リエゾンの発音の学習は決してむずかしいものではありません。

 

映像と音声で詳しく学習することができるので、そのとおりに意識的につなげて発音し、代表的なものをおぼえてしまうだけでOKです。

 

カンタンな学習ですが、それによるリターンは大きく、リエゾンを少し覚えるだけもネイティブスピーカーのような発音になっていきます。

 

かっこいい英語を目指す人にリエゾンの学習は必須だと思います。

 

ボイストレーニング

 

英語の全40音と会話中での発音(リエゾン)についての学習をし、ネイティブスピークでは最後にボイストレーニングを行います。

 

「歌を歌うわけでもないのにボイストレーニング?」と私もはじめは思ったのですが、日本人が英語の発音を学ぶにあたってボイストレーニングはとても大切です。

 

日本人の英語が通じない理由として、外国人は「発音がおかしいから」という理由と同じくらい「声が小さいから」という理由も挙げます。

 

実際のところ、日本人が日本語を話すときの声も小さく、それと同じで日本人が英語を話すときの声も小さいようです。

 

その理由は、言語としての声の出し方の違いにあります。

 

日本語は口先で話すものですが、英語はお腹の底から声を出して話すものです。

 

この違いは映画などを見ればよくわかり、たしかにネイティブスピーカーの声は日本人の声よりも響いて聞こえます。

 

どうすればネイティブスピーカーのような声の出し方ができるのかとなれば、腹式呼吸をマスターすることです。

 

そして、腹式呼吸をマスターするために必要になるのがボイストレーニングです。

 

ネイティブスピークではケイトリン先生からどのようにお腹から声を出すのか、腹式呼吸の方法を本場のボイストレーニングを通して学ぶことができます。

 

学習方法はとてもカンタンで、DVDで日本語字幕付きの動画で方法の説明を見ながら実際に自分でやってみるだけです。

 

しかし、理解するのはカンタンでも、腹式呼吸を実際に行うこと、腹式呼吸を自分の体におぼえさせ無意識でできるようにすることはカンタンではありません。

 

発音やリエゾンはすぐにわかった私も腹式呼吸はすぐにはできるようにはなりませんでした。

 

大切なのは「慣れ」なので、繰り返しDVDを見てそれを真似しているうちに自然とできるようになりました。

 

声の出し方を変えるだけで自分の声が響くようになり、相手に通じやすくなります。

 

ボイストレーニングは、ただ大きい声を出せば正解というわけではありません。

 

お腹の底から声を出すイメージを持つことがポイントです。

 

はじめはむずかしく感じますが、DVDを何度も繰り返して見て、実際に声に出していると、そのうち自然にできるようなっていきます。

 

ネイティブスピークのテキスト

 

ネイティブスピークはすべてDVDで動画を見て学ぶことができるので、理解しやすく、楽しい学習ができました。

 

特に、ネイティブスピーカーが発音をしている口の中の様子を見ることができるという特殊技術には驚きました。

 

他の教材や参考書で発音の勉強をしてみたがわかりづらかったと感じた人ほどネイティブスピークを使ってみてほしいです。

 

本当にわかりやすくて私は感動してしまったほどです。

 

ネイティブスピークの発音の学習方法は本当に良いものだと思うので、これが学校の授業などで取り入れられれば、発音の学習に悩む日本人が減ると思います。

 

発音の学習は本当に大切だと思います。

 

発音ができるか、できないかだけで周りからの評価は変わってしまうものです。

 

だからこそ私は発音の学習をしておくことをおすすめします。

 

そして、発音を学ぶならネイティブスピークです。

 

私はネイティブスピークを使ってさらに発音が良くなったことで、英語を話すことが今までよりも楽しく感じられるようになりました。

 

自分の英語を自信を持って話せるようになると本当に楽しいです。

 

ネイティブスピークで発音を勉強することは、もしかしたらあなたの英語に対する思いを劇的に変えてくれるかもしれません。

 

発音が今はまったくできない人でも、1日20分くらいずつDVDを見て練習していけば2ヶ月前後で正しい発音ができるようになります。

 

発音の悩みはネイティブスピークですべて解決できると思います。

 

公式サイトへ

このサイトを経由してネイティブスピークを購入された方には私から特典をたくさんプレゼントしています。特典の詳細ともらい方はこちら

 

海外風景1