スピークナチュラルの感想とテキストの中身の写真

スピークナチュラルのセット

公式サイトへ

名前スピークナチュラル
価格スタンダード 29,800円(送料・税込)
海外旅行編 29,800円(送料・税込)
セット 49,800円(送料・税込)
保証なし
内容スタンダード
テキスト1冊139ページ
CD14枚 全部で約14時間

海外旅行編
テキスト1冊137ページ
CD14枚 全部で約14時間
難易度やさしい
タイプ聞く→話す練習へ
評価評価4.5
私からの特典なし

 

テキストの中身の写真

ここから下にもどんどんテキストの中身の写真を公開しちゃいます

テキスト

写真の引用元:スピークナチュラルのテキスト

 

スピークナチュラルのおすすめのポイント

 

初心者でも英語が話せるようになるために、むずかしい文法や単語を使わず英会話を学ぶことができるように作られています。

 

いろいろな学習メニューで英語を話す練習ができるため、効果が高いです。

 

発音についても学習することができます。

 

スピークナチュラルのイマイチだったところ

 

CDの音声を担当しているスピーカーが男性一人のため、いろいろな人の英語を聞くことができません。

 

「文法不要」という特徴のため、その裏を返せば文法について学ぶことができません。

 

CD

 

スピークナチュラルの私の感想

 

「聞くだけ」「聞き流すだけ」という教材を宣伝でよく目にしますが、スピークナチュラルはこれらの教材と正反対の教材でした。

 

「聞くだけで英語が話せるようになる」という教材は、英語を聞くことを学習の軸にしています。

 

それに対してスピークナチュラルは、聞くことからはじまりますが、それ以降は英語を話す練習ばかりになります。

 

そのため、英語のスピーキングに対して特に効果が高い教材だと感じました。

 

スピークナチュラルにはスタンダード編と海外旅行編の2つの教材があります。

 

スタンダード編

スタンダード編

 

海外旅行編

海外旅行編

 

スタンダード編は日常英会話を学ぶ内容で、海外旅行編はトラベル英会話を学ぶ内容になっています。

 

このように2つのバージョンがありますが、私がおすすめするのはスタンダード編です。

 

まずはスタンダード編、その次に海外旅行編へと進んでいくとよいと思います。

 

教材のレベルとしてはスタンダード編も海外旅行編も初心者向けです。

 

初歩的な英会話表現ばかりを学んでいきます。

 

さらにこれだけでなく、スピークナチュラルは初心者でも学習しやすい理由が他にもあります。

初心者でもしっかり聞き取れる超スローリスニング

 

むずかしい単語や文法が不要

 

暗記しやすい7語程度のシンプルイングリッシュ

 

スピークナチュラルは超スローリスニングを取り入れたCDを特徴としています。

 

超スローリスニングとは、英語を1つの単語ずつゆっくり発声するCDを聞く練習のことを言います。

 

初心者は英語を聞きとれないと感じることが多いのですが、超スローリスニングであれば必ず聞きとることができると言えてしまほどスローな英語音声です。

 

まずは超スローリスニングのCDで英会話表現をしっかりと確認しながら、「こんなふうに表現するんだ」「こんな言い方をするのだ」と理解していくことからはじまります。

 

テキスト拡大

 

スピークナチュラルは「文法不要」というのも大きな特徴です。

 

実際のところ、英会話を学ぶ上で文法の知識は必要です。

 

それなのになぜスピークナチュラルは文法不要で学習できるのでしょうか。

 

その理由は、学習する英会話表現を7語程度のシンプルなものに限定しているからです。

 

たとえば、スピークナチュラルの中から1つ抽出しますが、「Do you have any questions about Japan?」というカンタンな英会話表現がちょうど7語です。

 

このように短めの英会話表現ばかりで英語を話そうというように作られています。

 

これほど短い英文なので、そもそもむずかしい文法が入りませんし、入ったとしても7語程度なので暗記してしまうことができます。

 

だからこそ文法不要というわけです。

 

多くの人にとって英語を学ぶ上で文法の学習が一番重荷になっていると私は思います。

 

文法の学習は理解するのがカンタンではないし、なんといっても時間がかかります。

 

そのため、文法の学習を避けて英語が話せるようになるように作られているスピークナチュラルは、時間がない人や、ある程度年齢を重ねてから英語を学びたい人にとってはピッタリだと思いました。

 

このように、超スローリスニング、文法不要、シンプルイングリッシュという特徴があるからこそ、スピークナチュラルは初心者にやさしい教材です。

 

スタンダード編

 

続いてスピークナチュラルのCDについてです。

 

スピークナチュラルのCDの音声は、日本語が流れた後に英語が流れます。

スピークナチュラルのCDの音声

 

日本について何か質問はありますか?

Do you have any questions about Japan?

 

スピークナチュラルに限らず、このように日本語→英語の順番で学習することがスピーキングには効果的です。

 

それに対してリスニング重視の教材の音声は、英語が流れた後に日本語が流れます。

リスニング重視の教材のCDの音声

 

Do you have any questions about Japan?

日本について何か質問はありますか?

 

なぜこのような音声の順番の違いによって、スピーキングへの効果とリスニングへの効果に分かれるのでしょうか。

 

その理由はとてもシンプルです。

 

スピークナチュラルのように先に日本語が流れるCDの場合は、CDの日本語を英語でどう表現するかを考え、その後にその確認として正しい英語が流れます。

 

これによって頭の中で思ったことを英語にする力が身につきます。

 

先に英語が流れ、その後に日本語が流れるCDの場合は、CDの英語が何を意味するかを考える練習になってしまうため、思ったことを英語にする力にはつながりません。

 

そのため、英語が話せるようになりたくて英語を学ぶのなら、スピークナチュラルのように日本語から流れるCDを使用した方が効果的です。

 

海外旅行編

 

そして、日本が先に流れるCDで英会話表現をインプットしながら英語を話す練習をまずは行っていきます。

 

その後、翻訳トレーニングと対話トレーニングというものがあり、これによってさらに英語を話す練習を強化します。

 

翻訳トレーニングでは、CDから日本語が流れるので、それを英語に翻訳して話していきます。

 

対話トレーニングでは、CDから英語が流れるので、それに対して英語で受け答えしていきます。

 

それによって、頭の中で思ったことを英語にする力と、相手に話しかけられたときにそれに答える力を身につけることができます。

 

このようにして、いろいろな方法で一貫して英語を話す練習をするのがスピークナチュラルです。

 

「会話型の教材」と販売元も言うとおり、スピーキングへの効果を最優先した内容になっています。

 

私の意見ですが、英語が話せるようになりたいのなら、スピークナチュラルのように英語を話す練習がたくさんできる教材を使用すると上達が早いです。

 

「聞いているだけで英語が話せるようになる」と宣伝をしている教材もありますが、英語は聞くだけでは話せるようにはならないと私は思っています。

 

英語を話すのは体を使った動作です。

 

動作だからこそ、その動作を実際にした方が早く身につきます。

 

実際にその動作をしてみることで早く慣れることができます。

 

料理がうまくなりたいのなら、実際に包丁を自分の手で握って使ってみることです。

 

包丁を眺めていても、人が包丁を使っている様子を見ていても、包丁の使い方について書かれた本を読んでも、大きな上達にはつながりません。

 

英語もこれと同じで、英語が話せるようになりたいのなら、実際に英語を話してみることです。

 

英語をただ聞いているよりもずっと効果があります。

 

スピークナチュラルは英語を話す練習がたくさんできるので、英語を話すことに早く慣れることができます。

 

初心者から英語が話せるようになりたい人ためにある教材がスピークナチュラルです。

 

テキスト

 

スピークナチュラルのスタンダード編と海外旅行編の両方ともですが、テキストの最後には発音のトレーニングがあります。

 

イントネーションとアクセント、日本語と英語で明らかに発音が異なる音の発音の仕方など、かなり詳しく発音について学ぶことができます。

 

下の写真のように、テキストの中に絵と文字で説明がされていて、それを見ながらCDの音に合わせて発音を整えていくという方法です。

 

テキスト

 

ネイティブスピークなどの発音を専門とした教材と比べてしまえば内容は劣りますが、英会話教材で発音について学べる教材はないのでお得だと感じました。

 

英語の発音は間違ったものをおぼえてしまうと、その癖が抜けず、正しい発音への矯正がむずかしくなってしまいます。

 

そうならないためにも、学習の初期段階で発音について学んでおこうというスピークナチュラルの考えに私は賛成です。

 

発音ができると、その力がリスニングにもスピーキングにもつながっていきます。

 

発音ができない音は聞きとれないという説も有名ですし、英語が聞きとれなければ他のスキルの上達もありません。

 

そういう意味からでも発音について最低限でも学んでおくことは今後に良い影響を与えるはずです。

 

CD

 

スピークナチュラルは初心者でも苦労なく英語が上達できるように超スローリスニング、文法不要、シンプルイングリッシュという特徴があり、その上で英語を話す練習をたくさんしていく教材です。

 

そのため、英語が苦手な人でも英語が話せるようになる教材だと私は感じました。

 

1日20〜30分勉強をしていけば、半年程度で基本的な日常英会話ができるようになる教材です。

 

しかし、英語を話す練習が中心の教材なので、粘り強く取り組んで続けていく必要があるのも事実です。

 

非現実的な方法を提唱したり、効果を誇張した教材ではなく、まっとうな方法を採用した教材だからこそ大変さは伴いますが、内容は間違いありません。

 

英語が苦手だけど英語が話せるようになりたい、こんな人にスピークナチュラルはおすすめです。

 

公式サイトへ

販売元との契約でスピークナチュラルには私からの特典をお付けすることができません。

 

海外風景1