英語力よりも大切なことがコミュニケーション力

英会話の勉強をしている人の多くが気がついていない大切なことがあります。

 

それはコミュニケーション力です。

 

多くの人は英語が話せるようになりたいと考えたとき、英語力を身につけようと考えます。

 

英会話表現や単語をいっぱいおぼえたり、文法を理解したり、いろいろな勉強を通して英語力を身につけようとします。

 

このような努力はたしかに実り、自分の中では英語がどんどん上達していると感じることができるものです。

 

しかし、本当にこれだけで英語が話せるようになるものでしょうか。

 

答えは「いいえ」です。

 

もちろん私もこれと同じ道を通ってきました。

 

毎日英会話の勉強をしていました、だけど私はコミュニケーション力というものを考えていませんでした。

 

英会話表現をおぼえてそれを一人で話すことはすぐにできるようになります。

 

ですが、それをそのまま外国人相手に話すとなんとも味気ないというか、とてもじゃないけどコミュニケーションとは言えないものでした。

 

ただ口から英語を話しているだけで、話が続くわけでもない、盛り上がるわけでもない、楽しいわけでもない。

 

こんな私の英語の相手をしているネイティブスピーカーからしたらすごく退屈な時間だったと思います。

 

この経験で分かったことは、英会話に大切なのは英語力だけじゃなくてコミュニケーション力も必要ということです。

 

何か相手に質問されたとき、その内容に答えるだけじゃなく、その後の会話を広げることができますか?

 

英語で話しているとき、日本語での会話のように良いリアクションを入れることができますか?

 

自分と話している相手を楽しませる会話ができますか?

 

もちろんこれらはカンタンなことではありません。

 

だけど、目標としてはこのようなレベルを目指す必要があると思います。

 

海外旅行で道を聞くために少し英語を話してみた、このような自分の目的を満たすだけの会話は英会話とは言えないと思います。

 

このレベルでは会話を通して満足できるのは自分だけです。

 

相手は会話を通して得るものはありません。

 

まずは自分一人で言いたいことを言うだけの力をつけることは大切です。

 

しかし、これができるようになったのなら相手を気遣った会話をできるように努力をしましょう。

 

こう言われるとむずかしく感じますが、考え方は日本語の会話のときとほとんど同じです。

 

笑顔で話す、相手の言ったことに大きく反応をする、身振り手振りを使う、会話中に笑ったり微笑んだりする・・・

 

話をしていて楽しいと思われる人になりましょう。

 

これがコミュニケーション力です。

 

英語力を身につけるのが先ですが、それだけで満足はしないでコミュニケーション力まで身につけるようにしましょう。

 

真央の英会話勉強法の次の記事はこちら