発音の大切さを知ろう

英会話の勉強はしているけど、発音の勉強はしていない人が多いと思います。

 

英会話と発音は別というように考えている人がほとんどですが、私としては英会話の中に発音も含まれると思っています。

 

どれだけがんばって英会話表現や単語をおぼえても、それを話すときに発音ができていなければ英語は通じません。

 

だからこそ発音を勉強しないといけないし、発音ができるかどうかが英語を伝える力になってきます。

 

また、英会話の勉強をしているけれどそれを実際に話すのにはまだ自信がないって感じてなかなか英語を話す勇気を持てない人もいると思います。

 

このような自信のなさは意外にも発音ができるようになると消えてしまうものです。

 

発音ができるようになると自信を持って英語を話せるようになります。

 

なので、早く英語が話せるようになりたいのなら発音の勉強は早いうちにしておいた方がいいです。

 

私は発音はとても大事だと思っています。

 

自分も発音をおぼえたことで英語が楽しくなったし、上達が早くなりました。

 

でも、多くの人はまだ発音の大切さに気がついていません。

 

英会話ができるようになりたいならまずは発音の大切さを知ることからはじめましょう。

 

発音ができるようになるとどんなことが変わるのか、私が実際に体験したことはたくさんあります。

 

【1】英会話が楽しくなった

 

私は発音をおぼえてから英会話がますます楽しくなりました。

 

それまでは英語を勉強しているけど、話す声は日本人でした。

 

だけど、はじめにRとLの音の違いやThatやThisのthの発音をおぼえただけで自分の英語がすごくうまくなったように感じました。

 

まるで自分の声がネイティブスピーカーのように思えて英会話の練習をするのがどんどん楽しくなっていきました。

 

【2】英語が通じるようになった

 

発音の勉強をしていない人が話す英語はカタカナ発音の英語で、それを聞いたネイティブスピーカーはなかなか聞き取れないものです。

 

正確には聞き取れないというよりも、聞いた音と英語を自分の頭の中でひも付ける作業が必要になります。

 

ですが、正しい発音ができるようになると、ネイティブスピーカーは聞いた音で何を言っているのかそのまま理解してくれるようになります。

 

これが英語が通じるという状態です。

 

たしかにカタカナ発音でも相手がそれを頭の中で考えて理解してくれる人なら英語は通じます。

 

だけど、すべての人がそんなに親切なわけではありません。

 

正しい発音ができない人との会話は苦労すると感じる人がほとんどで、こう思われてしまうと話相手にはなってもらえないものです。

 

正しい発音で英語が話せるようになることで、すべてのネイティブスピーカーがあなたとの会話をしてくるようになります。

 

【3】リスニングも上達した

 

私はこれが一番大切なことだと思います。

 

自分の英語を一番よく聞いているのは自分の耳です。

 

もし、カタカナ英語の発音を毎日聞いていたらあなたの耳はどうなってしまうでしょう。

 

逆に正しい発音の自分の英語をいつも聞いていたらあなたの耳はどうなるでしょうか。

 

カタカナ発音の英語をいつも聞いていると、自分の耳の英語を聞き取る力はどんどん衰えていきます。

 

そして、正しい発音の英語をいつも聞いている、自分の耳はどんどん英語を聞き取れるようになっていきます。

 

自分のリスニング力のためにも正しい発音の英語を話す必要があります。

 

 

こんな感じで発音を勉強することはすごく意味があります。

 

そして、正しい発音ができるようになると友達からも英語が上手な人に思ってもらえるようになります。

 

これもまた自信につながっていきます。

 

どうですか、発音を勉強する理由が分かってもらえたでしょうか。

 

ではどうやって発音を勉強すればいいの?ということになればネイティブスピークという教材をおすすめします。

 

ネイティブスピークを私が使ってみた感想はこちら

 

ネイティブスピークを使えば2ヶ月くらいで正しい英語の発音ができるようになるのでぜひ使ってみてください。