英会話の勉強はまわりの理解と協力が必要

英会話の勉強をはじめるとき、はじめたことを自分の友達や家族に言うようにしましょう。

 

人に言ってしまったけど続かなかった場合を考えて言わない方がいいという人もいます。

 

ですが、英会話の勉強はまわりの人の協力がないと続けていくのがむずかしいものなのでちゃんと伝えた方がいいです。

 

英会話はすぐに身につくものではないのでどうしても時間がかかります。

 

いつもは友達や家族と一緒に楽しんでいる時間も英会話に回さないといけなくなります。

 

こんなとき、あなたが英会話の勉強をはじめたことを言っていないと、「付き合いが悪くなった」と思われてしまうこともあります(>_<)

 

また、英会話は他の勉強とは違って話す練習がメインです。

 

家でボソボソと英語を話していると「うるさい!」と家族に言われてしまうこともあったりします。

 

自分は一生懸命やっているつもりでも、自分のまわりの人の協力を得ることができないとうまくはいかないのが英会話です。

 

だけど、「私、英会話の勉強をこれから本当に頑張っていこうと思う」と友達や家族に伝えておくと、状況はまったく変わります。

 

私の友達は一緒に映画に行くとき、私のことを気づかってくれて吹き替えではなく字幕で一緒に見てくれるようになりました。

 

私の母親も、私が一生懸命英語を勉強しているのを知ってから英語に興味を持つようになってくれました。

 

家でボソボソと英語を話していても、「うるさい!」というリアクションじゃなく、「頑張ってるね」と言ってくれるようになりました。

 

英会話の勉強をはじめたこと、そして頑張っていることは自分のまわりの大切な人にはしっかりと伝えた方が絶対にいいと思います。

 

私は、ただ「英会話の勉強をはじめた」ということを伝えただけじゃなくて、もっと具体的に伝えるようにしました。

 

友達には、「私、英会話の勉強をはじめたから月曜日と水曜日は授業終わったらすぐに帰るね。うまくなったら私が通訳するから一緒に海外旅行に行こうね。」と。

 

家族には、「もうすぐ就職だし、将来のことを考えて英会話の勉強をしようと思うよ。できるようになるまで頑張るつもりだから応援してね。」と。

 

どうして頑張ろうと思ったのか、英会話をおぼえてどうしたいのかをしっかりと伝えれば、「頑張ってね、応援しているよ」とまわりの人は理解をしてくれるはずです。

 

そして、自分の思いを受け止めてくれた人たちのためにも絶対に英会話をおぼえるんだ!と自分のモチベーションにもなります。

 

だから、私は英会話の勉強をはじめようと思ったらそのことを友達や家族に宣言することをおすすめしています。

 

続かないことを恐れて宣言しなのじゃなくて、宣言することで続けられるようにしましょう。

 

真央の英会話勉強法トップページへ