海外旅行はお金以上の価値があります

英会話教材を使って少しずつ英会話をおぼえてきたら、海外旅行に行ってみることを私はおすすめしています。

 

学生だったころ、海外旅行に行きたいといつも思っていたけれど、どうしてもお金がないので、韓国とか中国、台湾とかアジア圏の安く行ける国ばかり行ってました。

 

アジアの国に行ったことはもちろんいい思い出ですが、今思えばもっと早いうちに英語圏の国にも行っておけばよかったとちょっと後悔しています。

 

アメリカに行くとなると、日本から近いアジアの国に旅行に行くのよりも4〜5倍くらい旅費がかかってしまいます。

 

だけど、私としては旅費以上に得られるメリットが多いと感じています。

 

海外旅行で英語圏の国に行って得られるメリットは3つあります。

  1. 英語を話す機会がたくさんある
  2. 海外の文化がわかる
  3. 楽しい、人生の経験が増える

この中で、特に「英語を話す機会がたくさんある」は行ってはじめて実感できることです。

 

まず、日本語が通じない国に行くことで、日本語以外の言葉を話さないといけないという状況に追い込まれます。

 

日本で自宅で勉強をしているとこのように逃げることができないことにはなりません。

 

もちろん緊張します。

 

だけど、逃げることができない状況に追い込まれることで、自分でも信じられないくらい何とかしようとがんばることができるものです。

 

単語でも、書いてでもジェスチャーでも何としてでも伝えようとがんばるしかありません。

 

私がはじめてアメリカに行ったとき、本当に何もできませんでした。

 

結局、最後まで英語が話せる友達に任せっきりになってしまいました(泣)

 

じゃあ何も勉強になってないじゃん!と思うかもしれません。

 

だけど、私はこの経験で今の自分の英語力がよくわかり、もっとがんばろうと思えるようになりました。

 

それ同時に自分はなぜ何もできなかったのかもわかるようになりました。

 

これは失敗の経験なのですが、もし私のように失敗をしてしまっても今の自分の位置が分かるので大きな収穫につながります。

 

私はこの失敗を経験してからさらに英語をがんばってまた海外旅行に挑戦しました。

 

今度は、海外旅行で話せないと困ることをしっかりとおぼえていったので、現地の人と英語で何度も話すことができました。

 

海外の人は日本人とはちょっと違ってとても社交的です。

 

すべての人がというわけではないけど、だいたいの人は話しかければちゃんと答えてくれます。

 

そして、中には日本人に興味を示してくれていっぱい話してくれる人もいます。

 

海外に行って何人もの人に話しかければ必ずこういう人は出てきます。

 

こういう人が出てきたら大チャンスです、カンタンには放していけません。

 

今の自分にある限りの英語力でどんどん話していきましょう。

 

相手にはちょっと迷惑かもしれませんが、外国人と英語で話すということに慣れることができます。

 

別に英会話学校でも同じじゃん、と思う人もいるかもしれません。

 

だけど、海外で現地の人とその場で英語で話すことが大きな経験につながります。

 

英会話学校は逃げ場があります。

 

別に日本語で話すこともできるし、というよりも講師はお金をもらっている以上、あなたと話す義務があります。

 

お金を払うことなく話すのとでは全然状況が違うものです。

 

だからこそ、現地でつかまえた人と話すことに意味があります。

 

一度でも一人の人と長時間英語で話すと、英会話の感覚がわかり、次は違う人とも話したいと思えるようになってきます。

 

そうすると、どんどん話しかけたり、自分から話すチャンスを作ったりと旅行中のすべてが英語の勉強になります。

 

当然ですが、海外は看板もメニューもすべて英語で書かれています。

 

これも嫌でも英語を理解しないといけない状況なので大きな成長につながります。

 

日本で勉強しているのと比べて、短期間で何倍も英語にふれることができる、そして海外の文化も知れて、楽しむこともできる。

 

だから私は英会話の勉強がある程度進んだら海外旅行に挑戦するといいと思います。

 

短期間で一気に英会話力を身につけることができる、それが海外旅行です。

 

真央の英会話勉強法トップページへ